スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
アトピーになる原因の一つに肌バリア機能の低下が上げられます。
肌バリア低下になる原因にはいくつかありますが、バリア機能が低下する事で
ホコリやバイ菌、ダニ(死骸)や紫外線の影響を通常よりも受ける事になります。


肌バリア機能を改善する方法


このバリアー層の下にも2次バリアと言うものがありますが、表皮である1次バリア
が最大のポイントなのです。
角質にはセラミドや細胞間脂質などがあるのでここが崩れるとアトピーになります。


肌バリアが壊れると、肌の水分が飛びカサカサになりアトピーを引き起こす原因
になりますので、保湿が重要だと言われるのです。
また雑菌が湧きやすくなり、そのままにしていると悪化するばかりです。
ここは私も経験して解るのですが、早めに対処して肌のバリア機能を回復させる
事が良いと思います。
ザラザラになっていたらアトピーになる可能性が高いので、プルミーなどで保湿
をしてください♪


⇒ 全身に使える人気のミルキーローション「プルミー公式」へ


スポンサーサイト
アトピーの肌バリア機能 | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。